必読=「成長」とは何か?

成長の前提となる考え方

ビジネスに限らず、人は「成長への欲求」があります。

長い人生の中で、傷つき、へこたれ、成長意欲を失くしてしまっている時期もありますが、元来、人は「成長したい」という本能を持っています。

なのに「成長とは何か?」と問われて、明確に分かりやすく答えられる人は多くありません。

「成長したい」というのに、なぜか明確でないのです。

成長するためには「成長とは何か?」を明確にしておかなければなりません。

「言語化=言葉にする」ことで「実現可能性」が飛躍的に高まるからです。

成長とは”もっと役に立つ自分になる”こと

このサイトでは「成長」とは
より多くの幸福に寄与できるようになること
もっと役に立つ自分になる
と定義付けしています。

例えば、スキルアップのために、資格取得の勉強をしたり、研修に参加したり、読書したり・・・成長意欲旺盛なビジネスパーソンは、少なからず「勉強」しています。
その人に「なぜ、勉強するの?」と質問すると「成長したいので」と回答します。

正直な回答です。

しかし、気付いてほしいのは、それは「手段」だということです。

スキルアップは「手段」です。「目的」は「より役立つこと」です。

さらにレベルアップして、よりクオリティーの高い仕事を提供する、または、より多くの人々に関わる、などなど・・・それは顧客に関わらず、上司や部下、同僚かもしれません。あるいは、友人、家族かもしれません。つまり、あなた以外の人々の幸福=喜びのためにスキルアップしているのです。

あなたがスキルを上げ「以前より、よくなったね~」「最近、レベル上がったね~」など、褒められると自分自身も嬉しいものですが、それは、相手の幸福の対価です。相手がより幸福感を感じたので、あなたにお礼を言ったり、労って(ねぎらって)くれたりするのです。

成長の前提となる5つの方程式

「成長」のためには「成長のための正しい考え方」を理解し、知っておく必要があります。
一般には「常識」とされているものです。
その中でも大切な5つをピックアップしてみました。
まずは確認してください。

  1. 社会人の3つの要件を知っている
  2. 組織人の3つの要件を知っている
  3. 責任を果たす、という意味を知っている
  4. 成果の3つの分配を知っている
  5. 習慣化の4つのステップを知っている

参考「成長の方程式」受講生の声


PAGE TOP