リーダーは、支持率を上げよう!

雑談

組織・チームを率いていく上で、正しい考え方・正しい行動が必ずしも支持を得ることには繋がらない、という話です。

人は、理論・理屈と同じく「感情」も持ち合わせています。
正しい考え方・正しい行動であっても、部下はもちろん、周りの人たちの感情を害するようなことがあれば、そのリーダーに支持は集まりません。
反対に、能力的にイマイチなリーダーであっても、周りが「リーダーを支えよう!」と集結し、結束しているチームは少なくありません。

組織・チームとして成果を得ることが、リーダーのミッションです。
その為には「支持率」は、不可欠な要素ですね。

私は「支持率を上げるため」という意識ではなかったですが、毎日自部門のスタッフに声かけを徹底しております。
あの人と一言もしゃべっていないな、と自分で感じてしまうことのないように心がけております。
しかしながら、自己満足になりますので、スタッフからしたら、最近リーダーと話しをしていないなと思うこともあるかもしれません。
今後も全員に一言でも声をかけることについて習慣化していきたいと思います。

声掛けは、リーダーとして支持率を上げる第一歩ですね。

支持されるリーダーの特徴は、一言でいうと「誰にでも好かれる人物」です。
どこに好意を持たれているのか?
どうすれば好意を得られるのか?

をよく考え、他のリーダーの支持率を客観的に観察し、その違いの事例を観察することが役に立ちます。

支持率を上げる目的は・・・

ゴールを明確に示し
・なぜ、そのゴールなのか?
・いつ、そのゴールに到着するのか?
・どうやって、そのゴールにたどり着くのか?
・そのための役割分担は?
などの賛同を得、各自が役割を果たしてくれることを実現するためです。

そのゴールに、全員で力を合わせて辿り着くこと、その為に必要な支持率です。

メンバーの声に真摯に耳を傾け、メンバーが成果を出すために、最大限の支援を行い、誰よりも、ゴールにコミットし、誰よりも一生懸命取り組む。
そして、メンバー一人一人の労をねぎらい、感謝の意を伝える。

例えば、そんなリーダーなら、100%とはいかなくても、相当高い支持率を得ることができるのではないでしょうか?

ビジネスに限らず、どんな集団であっても、自己犠牲を厭わず、全体のために働ける人の支持率が高いように思います。

頑張って支持率アップに努めましょう!


PAGE TOP