相談事例|一般|優秀な人の、生活リズムってどうなの?

相談事例|一般

リーダー研修の受講生の方から、

優秀なリーダーや、管理職などの生活リズム(1日の時間の使い方)などあれば共有いただきたいです。

というご相談をいただきました。

私も、そろそろ55歳、四捨五入で60歳を迎える年になりました。
(別に、無理やり四捨五入しなくてもいいのですが:笑)

振り返ってみて、リーダーに限らず「優秀」と思われるビジネスパーソンのライフスタイルには、私も若い頃から刺激を受け、参考にしたものです。

その中でも、特に私自身が、理解→納得→行動→習慣というプロセスを経たものを→拡散(シェア)してみようと思います。

優秀なビジネスパーソンには、ルーティンがある!

一時、五郎丸選手で注目されたルーティン(ルーチン)。
「反復する決まった行動」というような説明をよく聞きますが、ここでいうルーティンは「良き生活習慣」という意味です。
それは「たまたま」ではなく「意図的なルーティン」。
例えば・・・

  • 毎朝、必ず新聞を読む・・・と言っても何らかの目的を持って読む
  • 毎朝、必ずジョギングを行う
  • 毎朝、必ず栄養バランスを考えた朝食をきちんと食べる
  • 毎晩、必ず1時間は読書をする
  • 毎日、必ず・・・・する

という具合に「必ずすること」があります。
簡単そうで、習慣化するまで、難しいことですが「心+身+頭」のトレーニングを継続しています。

トレーニングを習慣化し、自分のリズムを意識的に作り出し、そして継続する、という「スキル」を持っていると思います。

ある友人は、シニアのサッカーチームに所属しており、50歳も半ばなのに、定期的に試合に出場しています。
体力面でのメリットもさることながら、同様のルーティンを持つ「仲間とのネットワーク」も仕事にも十分役に立っているのでしょう。

セルフコントロールに長けている

心と体のコンディション作り、という意味でセルフコントロールが上手ですね。
喜怒哀楽=メンタルコントロールが上手で、例えば、落ち込むことがあっても、それを乗り越えるスイッチを持っており、反省はしても必要以上に落ち込まない。それを表面的にみていると「性格」で片づけられそうですが、決してそれだけではなく、セルフコントロールを反復継続の行動から習慣化していることが分かります。

体のセルフコントロールでも、体力づくり、だけではなく、定期的に人間ドック等でチェックも欠かしません。
体調を崩すリスク想定が高いのでしょう。いわゆる自己管理力です。
定期的にチェックし、課題をクリアし、あるべき姿に修正する、という行動習慣があるように思います。

バランス感覚が良い

私見ですが、成果を上げているビジネスパーソンに共通していると思うのは「バランス感覚」です。
いわゆる「仕事人間」ではなく、オン・オフの両方において、人生を楽しんいるな、と思います。
「こだわりの趣味」があったり、仕事とは無関係のテーマで研究を行っていたり。つまり「遊びも上手」なのです。
自ずと、仕事以外の人脈も広がり、話題の守備範囲が広く、発想豊かな人、という印象を持ちます。
普段は、そんな素振りをみせないのに、実は「歌舞伎に詳しい」とか「旅行した国がユニーク」とか、「えっ!」と思うようなもう一つの側面を持っていると、その人間力は格段に上がり、それが、求心力となり、リーダーとしての信頼を得ていたりします。

他にもたくさんあるのですが、今日はここまで・・・。

参考になりましたか?


PAGE TOP