相談事例|リーダー|管理者になる人材を見出す基準とは?

相談事例|リーダー

マーカスのリーダースキル研修の受講生からのご相談です。

管理者候補になる人材を見出す基準などあればご教示お願いします。

一言でいうと「目線」「視点」が、どこにあるか?の見極め、と思います。

常に、全体を見渡しながら「全体の中の自分」「全体の中の部下」という視点を持って行動できる人材かどうか?です。
ポイントは「考え」ではなく「行動」です。

組織の中には「評論家」「批評家」のようなタイプの人がいます。
話を聞いていると、一見「全体を考えているように」見えます。
しかし、そのタイプの人は、往々にして「リング外から評論している」に過ぎません。

リーダー、管理者になる人材は
当事者として、率先して、全体のため、チームのために、素早く行動できる人」です。

昔から「名プレーヤー、名監督にあらず」とよく言われます。
プレーヤーとしての実績があっても、管理者に向いていない人はたくさんいます。
リーダーの3つの役割が実践できる人かどうか?と見極めてください。


PAGE TOP