相談事例|リーダー|与えられた環境でベストをつくす事だと考え方が変わりました

相談事例|リーダー

「相手の性格を直そうとするな」という言葉に共感しました。自分自身振り返ってみて、部下が思い通りに動いてくれない、あのひとは能力が低い、等と業務がうまく進まない事を部下へ責任転嫁していることがありました。リーダーのやるべきは与えられた環境でベストをつくす事だと考え方が変わりました。

ほとんどのリーダーがぶち当たる壁ですよね。
私も長きにわたり悩んできた重要なテーマです。

おっしゃるように、成果が出ないとき「戦力が低いから」と、その能力を引き出せない自分を棚に上げて、与えられた環境に責任転嫁していることに全く気付いていない期間があり、今、振り返ると、大変恥ずかしい思いをします。

もし、全員が指導や指示を必要としない優秀なメンバーであれば、リーダーは不要です。

なかなか成果が出ないとき、私は
「相手を変えるエネルギーを、自分を変えるために使う」というフレーズを心の中で繰り返します。

「制約のある戦力で、いかに最大パフォーマンスを出すか?」

これぞリーダーのチカラの見せ所、と心得、知恵を絞ることが、自身の組織マネジメントスキルを向上させるチャンス、と思います。

とはいえ、難易度は高く、ストレスの大きい場面です。

是非、頑張ってください!


PAGE TOP