相談事例|リーダー|お互いの思いやりが大切

相談事例|リーダー

コミュニケーションエラーについての研修でしたが、業務周知や、コミュニケーションは、チームでの仕事をする場合とても大切なことであると思います。
コミュニケーションは日ごろからリーダーが率先して取るようにし、分け隔てなくチームのメンバーを見ていかないといけないのであると研修を受けて再確認いたしました。
受注側はミスをなくすよう相手の言い分を理解していく必要があることは勿論のことですが、発注側はミスを少しでも減らす配慮をしなければならないことも気をつけるべきであると思いました。お互いの思いやりがコミュニケーションエラーをなくす鍵であるかと思います。

ビジネス上のコミュニケーションのついて、正しく理解して頂いたようで安心しました。
おっしゃる通り「お互いの思いやり」が非常に大切です。
「言った・言わない」「聞いた・聞いてない」というエラーは、非常のもったいないことです。
情報伝達上のロスだけではなく、感情的な衝突にまで発展することもしばしばです。
そんな気持ち・メンタルで良い仕事ができるわけありません。
お互いが、それぞれ、相手を思いやり、双方が気持ちよく仕事ができるように、気遣う、というのが、技術面以前に、コミュニケーション・スキルに大切なことです。
是非、チーム全体で共有し、習慣化していってくださいね!


PAGE TOP