相手の気持ちに立った仕事の姿勢=報連相

感想文:基礎スキル研修

社会人としては3年目ですが、社会人1年目の時に気をつけていたホウレンソウなどが今はきちんとできていないと感じ、改めて気をつけていこうと感じました。
ホウレンソウはただ、仕事のスピードをあげたり仕事内容を充実させるためだけではなく、相手に対しての思いやりのひとつであると再認識しました。
やみくもにホウレンソウするだけでなく、相談する相手が今どのような状況なのか、どんな方法で報告してほしいと思っているかまで考えて行動していきたいと思います。

正しく「報連相(ホウレンソウ)」について、理解していただけたようでよかったです。
私は、チームの全員が「報連相はサービスだ」と「視点転換」するだけで、パフォーマンスが激変する事例を数多く見てきました。
常に相手の立場に立って仕事を進める習慣を是非大切にしてくださいね!


PAGE TOP