余裕のないリーダーになるな!リスクを想定し、事前対策を講じろ!

感想文:リーダー研修

リーダー研修を受講してくれた方の感想文です。

ポジションが上がれば上がるほど、仕事の難易度は上がり、未経験の新しい仕事も増え、どんどん忙しくなるのが一般的です。

その為に本来の役割を果たせない、というリスクが想定されるので、その事前対処・事前準備として、計画達成のための「正しい計画」を立案する「自己管理」のチカラが益々必要になってきます。

そんなリーダーの悩みです。

今回の研修で堀井先生が仰せになった「5日かけて5日分の仕事をするのではなく、1日は予備を作る努力をせよ」というアドバイスにとても共感することができました。
こうした余裕を作ることは教育者・リーダーにとって必要なスキルだと納得することができましたので、今後の業務に活かすことができるよう、まずは行動することで習慣化を図りたいと思います。

「予備日を作る努力」は、それぞれの職種や立場によって、容易でない場合もありますが、リーダーには非常に有効な手立てです。

リーダー自身の余裕がなくなると、視界から徐々に部下が消えていき、まさにチームが見えないという負のスパイラルに陥ってしまう「リスク」があります。

まさに「管理力」が問われます。

そのリスクを想定し、その事前対処のための「予備日」です。簡単ではありませんが、だからこそ「努力のし甲斐」があります。頑張ってください!


PAGE TOP