評価者としてのスキルを上げる

感想文:リーダー研修

「評価」リーダーが人材育成に取り組むときに、ほぼ全員が直面する課題です。

皆さんの宿題(*評価シートを自作してみよう)が、とてもステキに出来上がっていたので、会社全体で使用できるレベルにアレンジできれば・・・と思いました。
誰が見ても同じ判断ができるように、また、部門での差が大きくならないようにする必要があると思いました。

評価シートを標準として使用する場合、どうしても部門長の考え方の差がでると思います。
実際に現状の評価でも起こっており、そこの標準化が難しいと感じています。

同一人物であっても、評価者が違えば、その点数は変わります。
また、それを完全一致させることは、非現実的です。
しかし「最小」にすることは可能ですし、むしろ「必須」です。

その為に実務的には「評価者会議」を実施します。

各、評価項目について、評価者が一堂に会しケーススタディーを重ねるのです。

甘いリーダー、厳しいリーダーのギャップを埋めなければなりません。
そして、その評価者会議の結果をもって、評価シートをより具体的にブラッシュアップしていきます。

「標準化が難しいと感じています」とのことですが、その課題解決のためのアクションを起こすのが優秀なリーダーです。

課題を発見したら、速やかに解決策を講じましょう!


PAGE TOP