リカバリーできる体制をいつも考えながら・・・

感想文:リーダー研修

堀井先生が「週休3日で仕事をしなさい」と上司の方に指示を受けた、というエピソードのご紹介がありましたが、納得できました。リカバリーできる体制をいつも考えながら業務を遂行する(そういった体制作りを行う)ということの大切さをを考えさせられました。

そんな話をしましたね(笑)

懐かしい思い出です。

「今週の仕事は、木曜日で終わるスケジューリング」です。
万が一があっても、金曜、さらに、土日もある。
そすれば、毎週完結できるので、翌週に持ちこさず、ペースを乱すことなく、仕事ができる、という教えでした。

これは今も実行し・・つまり「習慣化」しています。

もし、思惑通り木曜日すべて終われば、3連休です。
この「ご褒美」は、自分のモチベーションを上げるのに十分でした。

「義務的にプレッシャーを感じながら」というマインドではなく
「木曜に終われば、3連休だ!」という、少々ゲーム感覚で取り組んでいたことを思い出します。

そこから出てくる様々な知恵は、今の私を支えているような気がします。

木曜日に終わるために

  • 部下や後輩に振り分けられないか?
  • もっと合理的なやり方はないだろうか?
  • そもそも、この仕事は本当に必要なんだろうか?
  • 毎日3時間残業すれば3×月~木=12時間=5日仕事と同じだ!

など、何とか週休3日というご褒美が欲しくて頑張った思い出です。

ご参考まで!


PAGE TOP